文字と描画

【コピースタンプツール】で動画内の「ゴミ」を自然に消し込む方法。

超解読AE! |コピースタンプツールの使い方
カメラで撮った動画を素材として使うときに、背景にちょっとだけ汚れがあって・・・きれいに消したいんですができますか?
A子さん
E太郎
はい!AEなら「コピースタンプツール」を使えば動画の「ゴミ」をきれいになじませて消せますよ!上手く使えば面白い表現もできるツールなので、今日は使い方を一緒に見ていきましょう!

コピースタンプツールは「違う場所」の画像を映し出すツール

コピースタンプツールは「レイヤーパネル」でブラシのように使うツールです。

スタンプツールのコピー前

元画像

スタンプツールのペースト後

犬をコピースタンプツールで貼り付けたもの

画像ではわかりやすいように大きなものをコピーをしています。

E太郎
これくらい大きなものでもコピーができるので、小さい「ゴミ」ならめちゃくちゃ簡単に消せますよ!

使い方

ツールバーの中の「スタンプのマーク」のツールを使います。

手順は

①コピー元になるところを指定して

②コピーを貼り付けたいところを塗りつぶす

これだけです。


鳥の奥の白いところを修正したい

今回はこの鳥の画像を例に修正してみましょう。

鳥の奥の水面が白くなって目立ってしまっているので、別の水面をコピースタンプツールでコピペして修正していきます。


レイヤーパネルを開く

レイヤーパネルを開く

ブラシ系のツールは「コンポジションパネル」ではなく「レイヤーパネル」で使用します。

修正したいレイヤーをダブルクリックして、レイヤーパネルを開きましょう。


コピー元を選択する

「コピー元」になる場所を指定する

Windows : Alt

MacOS : Option

を押しながら「コピー元」にしたいところをクリックします。

今回は水面を修正したいので、左下あたりの濃い青色の水面付近を選択します。

Alt(Option)を押している間はカーソルがターゲットのようなマークに変わるので確認してみてください!

修正したいところを塗りつぶす

「コピーを貼り付けたいところ」を塗りつぶすようにドラッグする

後は消したいところを塗りつぶすようにドラッグしましょう。

リアルタイムに修正されるはずなので、「消したいもの」が上手く消えるまで調整しましょう。

「コピー元」は何度も選択しなおせるので、上手く消える位置に調整しながら塗りつぶすといいかもしれません。


修正後

レイヤーパネルを閉じて確認

消し終わったら、レイヤーパネルを閉じて確認してみましょう。

コンポジションで見ても先ほど修正したように「消したいもの」が消えているはずです。

コピースタンプツールを使うと、そのレイヤーに「ペイント」というエフェクトが付きます。コピースタンプツールの適用前に戻したい時はこのエフェクトをオフにするか、削除することで元に戻せます。エフェクトコントロール内の「リセット」を押すと、初期状態に戻るのでやり直しができます。

使うときに注意するポイント

  • 「ブラシで修正した位置」は変わらないので、「画面内でよく動くもの」の修正には向いていません。カメラ自体が動いている動画も難しいかもしれません。
  • コピースタンプツールを使うと、「現在の時間インジケーター(タイムライン上の青い縦ライン)」のある位置から修正が適用されます。「修正を開始したい時間」に時間を合わせて修正をしましょう。
  • 広範囲を修正したり、細かく何回もブラシを使うと処理が重くなってしまいます。
E太郎
メインで使うというよりは、縁の下の力持ちって感じですかね!塗りつぶしやマスクで切るのとは違ってかなりきれいに合成できるので、一度は試しに使ってみてください!

まとめ:ちょっとの汚れはこれで一掃!

とても簡単に消したい部分を消せますね!しかも動画内の画像を基にしているから自然な印象です。
A子さん

E太郎
動画の汚れを消すのに使うのはもちろんですが、初めのサンプル動画のように「簡易的に何かを複数あるように見せる」こともできて面白いですよね!手軽に使えて便利なので、是非覚えておきましょう!

-文字と描画
-,